日にきらきら灯る憎らしい輩、それが白髪!

「あっ、白髪!」ってプチっと切れば済んだ中はまったくかわいい売り物でした。更に私の白髪は隠しきれません。

おひさまの下で立ち話なんて時も、自分の髪の毛が気になって仕方ありません。世ではきらきら光って目立ちますからね。

私の系統は予め白髪が出る体質のようで、20代からちょこちょこ目立つようになりました。
染めればいいじゃないと思われるでしょうが、すぐに原則が際立つのでこまめにしなければなりませんし、何やらフラストレーションだ。

それから染めるにも保ちが悪くなるためか、あまり楽しい色合いにはしにくいようです。ファッショナブルの領域も狭まる気がして正に寂しいものです。しかも美院で白髪染めをお願いするのも、着々と女性になったことを実感するようでせつない。

ひいては懐妊中央は色のムードも薬剤も気になって、色を遠ざけたりって不調山積みでした。今はトリートメントタイプの森林素材でできた白髪染めなどがあるので、これらで飛び越えましたが労力はかかりますね。

今はひと月一度の美院での白髪染めって、スティックやつの原則などを賢く包み隠すもので対応してます。白髪の発展になればといったスカルプのマッサージもしてますが、変化は僅かだ。

安全で安価で手間隙かからない白髪染めを、誰か手早く開発してくれないかなと狙う常々だ。お腹の調子を整えるためにも食物繊維と発酵食品を大目に食べるのがいい。